White Dress:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ラグジュアリー、リュクスを時代のニーズに基づき、華美ではなく繊細で洗練された クチュールの技法や手法を取り入れた表現は継続的に今回

も入れ込んでます。その一方で徐々に取り入れている   “大人可愛いドレス”  の展開。(今回はKP−104,以前ではHP−205,IP−

104,IP−107,JP−204,JP−207など)欧米での女性に対する最高の褒め言葉である “Beautiful”アジアでの女性に対する最高

の褒め言葉である “Cute”そのアジア独特の感覚をクレアらしく大人可愛く表現しています。昨今こだわりを持って取り組んでいるのが、ザリ刺

繍モチーフ使いやシルバー系ビーディング、シルバーコード使いなどです。素材に陰影が付き、より複好まれてると考えています。より“Beautiful

”に近づきつつあると。雑な組み合わせ雰囲気となり、ラグジュアリーな表現をしています。以前は写真が黒くうつりがちと敬遠される場合がありま

したが、その陰影が今の時代アジアでも。
KP−101
KP−102
KP−103
KP−104


Colour Dress:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2シーズン目のColor Dress展開。クレアのWhite Dressを着用された方が次にどんなColor Dressを。そんなイメージでデザイン作業

しています。前回はWhite今回は一転しインパクトある強いカラーでの展開です。 Dressと一緒に展開しても何かまとまり感のあるカラー展開

カラーの表面にホワイトを重ねるなどで、やわらかい色目で表現しました。KP−106,KP−107使用の深みあるシャンブレータフタはありま

せん。後染めでこのような深みある色を出しています。、黒糸を経糸に用いてシャンブレー効果を出した先染タフタです。KP−105使用こだわ

りのカラーです。のミカド素材は織組織の関係で黒経のようなシャンブレーはただ濃い色の染色は非常に難しく、何度もビーカー染めを試み、色

を出したこだわりのカラーです。
 
KP−105
KP−106
KP−107



contact : info@crea-tokyo.com